« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

いとりん気まぐれパトロール230629<クマノミズキ&ナツツバキ>

 2023年6月29日()曇り。ナツツバキが見ごろだよ!との情報があったので、早速政の茶屋まで車を飛ばしてパトロール。

 最初は箕面川ダム周辺のクマノミズキをチェック。ダム周辺のクマノミズキの白い花は見ごろではあるがまだ五分咲き程度。まだまだこれからが勝負の様子だった。しかし一周約4kmのダム湖散策路のまわりは一面クマノミズキが咲いていて、まさに「クマノミズキの湖」になっている様は壮観だ。是非一周されることをお勧めします。秋には花柄がピンク色の珊瑚のようになって、その先に黒真珠のような小さな実がつく。この時期もとても美しい。一年で二度美しいクマノミズキをぜひ見に来てください。
 次にババタレ坂を登りナツツバキとご対面! ナツツバキは別名沙羅双樹や沙羅の木とも言われているが、花は朝に開き夕方には落下するはかない一日花である。いつも見ている木は幹が細いので高さが5m程度かと思っていたが、今日少し離れてみたら、その上更に10m位伸びており、花が咲いていた。大変失礼しました。

7月2日のMVGオープンハイキングまで見ごろは続くだろう。お客様に楽しんでいただけそうだ。良かった良かった。

S4063t S4062 S4071

            クマノミズキ

S4065 S4077 S4080

   クマノミズキ       ナツツバキ     ナツツバキ

S4085 4086 S4088_20230629212001

      蕾       花         ナツツバキ(沙羅双樹)

| コメント (0)

いとりん気まぐれパトロール230617<箕面山自然情報>

  2023年6月17日()晴れ。7月2日のMVGオープンハイキングに備えて才ヶ原・政の茶屋・滝道をパトロールした。この時期は目立たない地味~な花が咲いていたり、また4.5月に咲いた花たちが実をつける時期にもなっている。

 リョウブの花、クマノミズキのツボミや咲き始めたもの、マルバアオダモの実、アカメガシワの花、ジョウリョクヤマボウシやホタルブクロ、ササユリの花、ナツツバキ(別名・沙羅双樹)のツボミに加えて、ヒイロタケやラミーカミキリを観察することができた。

山中の池には天然記念物・モリアオガエルの泡状の卵も確認できた。サルに見つからないといいが・・

滝道はホタルも飛び始めたようだ。一日中遊べる箕面にいらっしゃ~~い。

 最近はホタルの質問が増えてきたので、最新情報は下記URLで見て下さい。

https://minohkankou.net/news/events/20230520/

S4001 S3987_20230618195601 S4012_20230618195601

     リョウブ       クマノミズキ(蕾)      クマノミズキ(花)

S4015 S3990 S4051

   マルバアオダモ(実)     アカメガシワ(花)      ヒイロタケ

S3947 S3910 S4056

   ジョウリョクヤマボウシ      ホタルブクロ      ラミーカミキリ

S4049t S4030 S4019

     ササユリ        ナツツバキの蕾         新モミジ

S3930

   モリアオガエルの卵

| コメント (0)

いとりん気まぐれパトロール230603<箕面大滝・大瀑布>

 2023年6月3日(土)晴れ。台風2号の影響で今朝まで大雨が降った。箕面大滝は大瀑布と化し、箕面川も濁流が渦巻いていた。滝前のベンチも立ち入り禁止となり、瀧見橋でしぶきを浴びながら写真を撮った。その様子を見てください。

1525 858 308

    大瀑布       立入禁止       観瀑

406 157  544

     箕面川      一目千本      箕面川

4317 105

   箕面川(オカメ岩)    箕面川(桃太郎前)

 

| コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »