いとりん気まぐれパトロール200908<台風一過>

 2020年9月8日(火):曇り時々雨時々突風。7日朝には、最大級の台風10号は九州の西側を北上して関西は幸い大きな被害はなかった。それでも7日は一日中時々すごい突風が吹いたり突然ザーッと雨が降ったりの不安定な天気で、ベランダのカポックも倒れてしまった。

今日は我が家から見た台風前後の西空を紹介しよう。

台風接近中(9/3)の西の空。

S2009036777

台風が通過した8日朝6時頃、何気なく外を見たらなんと!大きな虹が豊中市の待兼山から池田市の五月山に向かってかかっていた! ラッキー!早起きは三文の徳、だね! 大きすぎてカメラに入らなかったので2枚合成した。

Smorningrainbow200908a   Photo_20200920124001

朝は雲が残っていたが夕方にはすっかり晴れ上がり、素晴らしい夕焼けとなった。これはPCの背景画面にも使えるように空を広くしたので、よかったら使ってください。

S2009086795

なお、前回8月29日のブログで、ゼアさんとトリさんのポッドキャストを紹介した。いとりんのブログの左バナーに追加しようとしたが、9/1にココログのシステム変更があったため、うまく追加できていない。

 おうち時間が多くなった今こそ、コロナ後のインバウンド増加に備えて、英語力を強化する絶好のチャンス。スピードラーニングのつもりで聴いたら如何でしょうか?

 <ゼアさんとトリさんのオンラインラジオ>(URLは下記。)

Aussie x Kiwiおしゃべり時間~バイリンガルポッドキャスト~」

https://directory.libsyn.com/shows/view/id/aussiexkiwioshaberijikan

以上

| コメント (0)

いとりん気まぐれパトロール200829<番外編:美女x美女x美女>

 2020年8月29日():酷暑。7月4日からほぼ2カ月ブログを更新していなかったら、元気か?生きているか?とご心配のメールを数件いただいた。おっとどっこいいとりんは暑さにめげず元気だからご安心。ご心配ありがとう。実のところ、7月は長梅雨で、8月は酷暑で(当日朝の天気予報で降水確率60%以上、最高気温35℃以上はガイド中止)一度も活動できていないので、ブログに載せる題材がなかったんです。なので今日は山を離れて市内パト。

 今日はタッキー816みのおFMの公開放送「みのたんらじお<みのおこれ一番>」にお友達のトリさんとゼアさんが出演すると聞いたので、箕面の美女の競演を見逃す訳にはいかないと、メイプルホールに応援にでかけた。お二人は国際交流員として、ゼアさんは箕面市の姉妹都市のあるニュージーランド出身で箕面市役所に、トリさんは池田市の姉妹都市のあるオーストラリアの出身で池田市役所にそれぞれ勤務されている。なぜいとりんが二人を知っているか、というとトリさんは池田市では私のボスにあたるから。

 実は昨年、池田市は主にラーメンミュージアムに来訪する外国人(年間20万人)のために観光ボランティアガイド「おもてなし隊」(IGGIkeda Goodwill Guide)を発足させたが、いとりんはその隊員で、トリさんは隊長なんです。ブロークンイングリッシュで外国人をつかまえては、「あんた、どこから来たん?」「写真撮ったろか?」「動物園に行ったらウオンバットが見れるよ」「ラーメン食べたいの?そんならそこの一風堂に行きなはれ」とガイドする。なかなか楽しかったが残念ながらコロナのせいで今年1月を最後に休止中だ。

 いとりんはIGGのユニフォームを着て応援にかけつけた。いとりんが箕面観光ボライティアガイドであることを知っているMCの繁田さんは、「いとりん、浮気してる!」と責めたが、いやいやそんな了見の狭いもんじゃあないのだよ。いとりんは箕面も池田もひっくるめた「北摂包括ガイド」を目指しているんです。(笑)グローバル化の時代、将来は世界中の国をガイドするグローバルガイドを目指している。(本当?)その頃にはガイドのTシャツも柔軟素材のウェアラフ゛ルELディスプレイになっていて、手元のスマホである国の国旗をタップすると、Tシャツはたちまち国旗をモチーフにしたデザインになっている。ヘッドマイクに日本語で話すとたちまち現地語がディスプレイ内蔵の平面スピーカーから流れてくる。素晴らしいだろ!? でもそのころにはいとりんは天国へ転居しているだろうから天国でみなさんにガイドしているだろうネ(笑)これが本当の天職というわけだ、あははは。(笑)

 なおゼアさんとトリさんは、二人でポッドキャストというオンラインラジオをやっています。リスニングの勉強になるので是非聴いてください。(URLは下記。)

Aussie x Kiwiおしゃべり時間~バイリンガルポッドキャスト~」

https://directory.libsyn.com/shows/view/id/aussiexkiwioshaberijikan

 海外航空便が復活したらIGGの募集もあると思うので参加希望者は準備しておいて下され。 写真は「みのたんらじお」の様子と美女X3(繁田、ゼア、トリ)、IGGのユニフォーム姿のいとりんとトリさん、ユニフォーム背面。 以上

S6727  S6746  S6722  S6759    S6730_20200830173701  S6764 S6775

| コメント (0)

いとりん気まぐれパトロール200710<箕面瀑布・半夏生>

 2020年7月10日():雨。先週羽黒山でマタタビを半夏生(はんげしょう)と間違ったので、箕面の半夏生も咲いている・・ではなくて、葉っぱが白くなっているのではないかと思い、雨の中、滝道にでかけた。箕面川はこのところの豪雨で土色の濁流がドドーッと流れていた。夫婦橋近くまで登ると川はシブキが上がり、煙幕のようになっており、土の臭いがした。

 箕面大滝は見たこともないような水量で流れ落ちており、瀧見橋ではシブキですぐ服が濡れてしまう。ベンチも立入禁止で訪れる人も少ない。

 さて半夏生(半化粧)。いた、いた、二本ふぁけだが葉が白く化粧していた。他の株もこれから白くなろう、という体勢。数日後はもう少しにぎやかになりそうだ。

 もともと半夏生は72候の一つで7月2日頃のことだが、この時期に葉の一部が白くなることから半夏生という名前がついたとも。半分白粉(おしろい)を塗って化粧しているように見えることから半化粧とも言われる。

 なぜ、白くなるか?というと、受粉を助けてくれる虫たちに、花がここにあるよ、と教えるためだそうです。写真の穂状に見えるのが花です。賢いなあ。

 なお、参考までに先週羽黒山で写したマタタビの写真も掲載します。白い葉の奥に白い小さな花が見えます。

写真は、箕面川の濁流(3)、箕面瀑布(2)、半夏生(2)、マタタビ。

S6636  S6639  S6647  S6657  S6662  S6652  S6653  S6731

 

 

 

 

 

| コメント (0)

いとりん気まぐれパトロール200704<番外編:羽黒山>

 2020年7月4日():曇り時々雨。5年ぶりに東北の修験道の聖地・羽黒山を参詣した。羽黒山は593年に第32代天皇・崇峻天皇の皇子・蜂子皇子(はちこのおうじ:聖徳太子の従兄にあたる)が開山した。私の庭にある箕面山瀧安寺を役行者が開いたのは658年なので、少し先輩ということになる。箕面山は仏教系だが羽黒山は月山(がっさん)・湯殿山(ゆどのさん)・羽黒山をご神体とする神道系の修行場である。

 まずは正面の随神門を入ると下りの石段が秡川まで続く。秡川の赤い橋からは右手に須賀の滝が見える。大きな一枚岩の石橋を渡って近づくと、ゴツゴツした不思議な岩肌を高さ30m位の細い滝が落ちている。その前には不動明王が祀られていた。

S6690  S6692 S6700

 歩を進めると、巨木が目に入る。樹齢1000年超とも言われる「爺(じじ)スギ」で羽黒山内で最大最高の杉で天然記念物となっている。

 次は平将門が寄進したと伝わる高さ30mの五重塔。戦火で何度か消失し現在のものは再建されたものである。アレ?神道なのに五重塔?と思うかも知れないが、修験道は神仏混淆なので五重塔があっても不思議ではない。山頂の鐘楼とともに明治政府の廃物希釈による破壊を免れて残った貴重な遺産である。

S6704  S6706

 このあたりから本格的な登り階段が始まる。2446段の階段の両側は樹齢500年の巨大な杉並木(天然記念物)が続く。

S6714  S6720

 ようやく山頂(414m)到着。山頂の出羽三山神社は残念ながら修理中で足場に囲まれていて、よく見えなかったが、日本最大の萱葺屋根建築で国重要文化財になっている。近くには同じく萱葺の鐘楼がある。この釣り鐘は年末のNHKゆく年くる年に良く出てくるので、諸君も耳にしたことがあると思う。(写真は出羽三山神社、鐘楼、蜂子社)

S6656  S6678  S6673

 山頂には奥の細道の松尾芭蕉の銅像と句碑もある。「涼しさやほの三日月の羽黒山」

芭蕉はここから月山に向かい「雲の峰いくつ崩れて月の山」と詠んだ。

 帰り道、秡川の近くで白い花を見つけた・・・と思ったのは間違いで、白いのは花ではなく葉っぱであった。今は「半夏生(はんげしょう)」の時期なので、半夏生(半化粧)が白くなったのでは?と思ったが、半夏生は「草」であり、このような木ではない。後で調べたら猫の好きな「マタタビ」と分かった。面白いものを見ることができた。これもご利益かも。

みなさんも羽黒山に参拝し、コロナで穢れた心身を清めてもらったら如何?

S6682  S6730

 

| コメント (0)

いとりん気まぐれパトロール200612<番外編:水月公園>

 2020年6月12日(金)曇天。関西も梅雨に入ってジメジメした天気が続いている。昼から晴れ間が出たので我が家の庭の一部、水月公園に行ってみた。花菖蒲が真っ盛り。花見客もたくさん来ていた。6/13、14日は花菖蒲祭りの予定だったが今年はコロナのために中止となった。ま、雨上がりの花菖蒲を見てください。

S6471 S6482 S6479 S6508 S6518 S6532 S6534 S6535 S6538 S6539 S6551

| コメント (0)

«いとりん気まぐれパトロール200605<ウツギの山>